【求人相場】あの保育士はいくらもらってる?保育士の給料調査(その2)


前回は、公立保育園と認定こども園のお給料の相場をご紹介しました。

それぞれメリット・デメリットはありますが、お金の金額のみでいうと、公立保育園のお給料が高く、認定こども園のお給料はちょっと低めかな、という印象がありますね。

もちろんこの相場には地域差がありますし、最近ですと、「保育園から認定こども園になったものの、職員がたりない!」といってお給料を上げてでも保育士さんにきてほしい!という施設もありますので、あくまで参考としてみていただければと思います。

それでは今日は、一番多くの保育士さんがつとめている「私立保育園」の相場についてご紹介いたします。

保育士の給料の相場

保育士の給料の相場

私立保育園の相場

私立保育園は昇給がありません。もちろん昇給制度がある保育園もたくさんあるのですが、それでも世間一般ほどの昇給はありません。また、役職が変化しなければ、30歳に差し掛かる頃にうちどめ・・・となるところがほとんどです。
なので、ほとんどの保育士さんが初任給から少しだけ増えたかな?ぐらいの給料をもらっているのではないでしょうか?

平均給料は180400円で、公立保育園と同じ基準にいます。
しかし、公立保育園には、給料の平均を押し上げている人もいれば、そうでない人もいての平均です。

私立保育園はこの180400円という月給からそこまでかけ離れた月給をもらっている人はほとんどいないでしょう。

平均ボーナスも2.6か月で473000円です。
これは社会福祉法人という形態をとっている私立保育園になります。

経営主体が株式会社になると、平均給料はほとんど変わりませんが、ボーナスが変わってきます。
平均で2.1カ月、382000円というのが平均です。

私立保育園といっても経営主体が違うと少し開きがあるようですね。

公立保育園や私立保育園ではない就職先

最近、保育士さんの中で人気の職場と言えば、実は事業所内保育です。
ここの給料の相場も気になる所ですよね。

企業内保育になると、その企業の指定金額になりますので、一概に言えませんが平均給料は180500円です。
しかしボーナスの平均が1.6か月と低めで291000円となっています。

ちょっと低めの設定ですよね。
でも、病院内保育になると、賞与の平均がぐんとあがります。

平均ボーナスは2.7カ月分で501000円となっています。
月給はほとんどどこでも変わりがありませんので、ボーナスがこれだけ高いと、私立保育園に勤めるよりたくさん貰えることもあるんですよ。

もし、今の給料に少し不満があるのなら、思い切って転職してみてはいかがでしょうか?

筆者

関西の保育園で、保育士としてはたらくアラフォー女性です。毎日、家事に育児に仕事に・・・と奮闘中です。

幼稚園、院内保育での勤務経験もあり。保育のコツや転職のコツについてご紹介していきます。

まとめ

お給料の違いに驚いた保育士さんも多いのではないでしょうか。

もちろん、お金で決められない施設ごとの特徴もたくさんあります。ですが、せっかく働くならお金をきっちり貰いたい!と思う保育士さんもいますよね。

そんな方は、転職のときに施設のタイプも注意してみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です