【いい求人に受かった】保育士が円満退職できる方法(その2)


前回は、円満退職するために気をつけるべき「退職のタイミング」についてご紹介しました。円満退職をするには、理由や伝え方だけではなくて退職のタイミングも重要なんですよね。

今日は、いざ退職を伝えてから、退職するまでのポイントについてご紹介いたします。

退職します、と伝えてから、退職するまでに保育園で働く、というのはなんとなく居心地の悪さを感じてしまう保育士さんもいらっしゃると思います。

狭い保育園業界ですから、退職後もわだかまりを残さないよう、円満退職するために気をつけるべきポイントをみてみましょう。

保育士が円満退職できる方法

保育士が円満退職できる方法

退職の意志表示から退職日まで

園長や理事長の承諾を受けた後、後任の保育士が決まるまでの期間を考えると常識的には最低でも2か月前には退職の意志を伝えることです。

職場によって決められているところもありますから、保育園の労働規約を確認しておくことも必要でしょう。

退職が決まったら、日常の保育とともに、自分の仕事の整理と引き継ぎ作業は誠意を込めて行いましょう。

「立つ鳥、後を濁さず」という言葉があります。

やめた後、自分のいないところでボロが出て「ずさんな人」というイメージを残さないように、後任の保育士がやりやすいように文書にして残すことも必要です。

いよいよ退職日、「清々した」という気分になって余計なことを言わないように、みんなにに丁寧に挨拶しましょうね。

「離職票、源泉徴収票、健康保険資格喪失証明書、厚生年金手帳」などの退職後の手続きで、また連絡を取ったり、保育園に出向くことも起きて来るかも知れません。

退職までの期間、いろいろな感慨も湧いてくるでしょう

私の友人保育士は、退職を知った後輩保育士が急にタメ口になってショックを受けたと言っていました。気が合うと思っていた同僚から嫌味を言われたり、それまでの人間関係が急に変わってしまったように思えることもあるかも知れませんね。

でも淡々と引き継ぎ作業を進めましょう。退職に至るまでの辛い思いはいろいろあるかも知れませんが、子どもの笑顔に励まされたり楽しかったこともあったはず。

頑張った数年間は、後で貴重な財産だったと気づく日もきっと来ます。頑張った自分を認めてあげましょうね。

筆者

関西の保育園で、保育士としてはたらくアラフォー女性です。毎日、家事に育児に仕事に・・・と奮闘中です。

幼稚園、院内保育での勤務経験もあり。保育のコツや転職のコツについてご紹介していきます。

まとめ

職場への不満や人間関係の恨みなどがあっても、どこかで会った時に、笑ってとは言わないまでもフラットな気持ちで会えるようにしたいものです。

今は辛くて保育士なんて二度とやらないと思っていても、数年後にはまた子どもと接する仕事がしたいと思う日が来ないとも限りません。保育業界は狭いですから、また他の保育園で一緒に仕事をすることもありうるでしょう。

出来る限り円満退職に持っていくことは、その後の自分の人生に大切なことですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です