【求人に頼らない】最近話題の保育ママってなに?【後編】


保育ママになると休めない?

ここで心配になるのが、「自分のみで運営するとなると、毎日働かないといけないんじゃないの?」ということですよね。保育園によっては、土曜保育があるところもあります。保育ママも同じように、土日も対応しなければならないんでしょうか?

保育ママとしての保育がお休みの日は、自治体によって違います。

一例として、東京都江戸川区の例をみてみると、「日曜、祝日、年末年始はお休み。それに加えて、保育ママが年次休暇をとる、年間12日はお休み。また、両親のうちどちらかの仕事がお休みの日は、家庭での保育をしてほしい」となっています。

パートやアルバイトのように少ない日数でのお仕事は出来なさそうですが、毎日フルタイムで働くことを考えている保育士さんにはぴったりかもしれません。

また、自分が病気になったり研修があったりなどで補樹ができないときは、市区町村内の他の保育ママを紹介するということになっている自治体がほとんどです。なにか不安がある方は、担当の窓口で聞いてみてください。

 

保育ママとして何人預かれる?

市区町村によって違うのですが、1人の保育ママが預かることが出来るのは3人程度です。補助の方がいれば、5人程度あずかれる、という場合もあります。

保育料や補助金を考えると、3人あずかれば保育士として保育園で働くより収入はアップしそうですね。

また、受け入れ可能な年齢は、0~2歳の乳幼児を対象にしている自治体がほとんどのようです。乳児が好きな保育士さんや、乳児園での経験がある保育士さん、また小さい子を育てた経験のあるお母さんであれば挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

お昼ごはんやおむつの用意は?

お昼ごはんは基本的に「お弁当持参」としている自治体が多いようです。今はアレルギーをもつ子どもたちも多く、口に入れるものについては特に注意が必要です。家庭で用意していただいたお弁当の食事介助をするのであれば、保育園でのごはんの時間の経験が活かせますし安心ですね。

おむつについても、基本的に持込みとしている自治体がほとんどです。また、その他消耗品代としての料金もいただけますので、準備するものがたくさんになってお金がかかる・・・ということにはならなさそうですね。

筆者

関西の保育園で、保育士としてはたらくアラフォー女性です。毎日、家事に育児に仕事に・・・と奮闘中です。

幼稚園、院内保育での勤務経験もあり。保育のコツや転職のコツについてご紹介していきます。

まとめ:保育ママに向いている人は?

いろいろ保育ママについて見ていると、「ちょっとやってみたいな」と思う保育士さんもいらっしゃると思います。

保育ママとして向いている方は、ずばり「子どもが大好きな人」です。1人が受け持つ人数は少ないですが、多くの業務を並行して仲間の保育士さんとこなす保育園と違い、保育ママは「子どもとじっくり向き合う」という時間がとても長くなります。

1人1人のこどもに愛情をもってしっかり向き合うことができる保育士さんでなければ、保育士さんにとっても子どもにとってもストレスのたまる環境になることもあります。

興味を持たれた方は、まず市区町村の担当窓口に詳しい話を聞きに行ってみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です